カテゴリー「私のピアノ歴」の記事

合唱の伴奏

私がこのブログを書き始めたのは、ピアノを再開するにあたって経験したことを書いて、似たような状況の人の参考になったらいいなぁと思ったからなのですが、再開して1年もたつと、日々のゴミ記事が増えてきて、必要な物と不要な物が入り混じった状況になってきてしまいました。

ブログってのはそういうものなのかなぁ。今はお気楽にピアノを楽しんでる主婦の独り言なのか、真面目に練習に励む記録なのかどっちつかず(笑)

そのうち、関連記事をリンクで繋いだりして整理整頓したいと思います。そのうちネ・・・・sweat01

ところで、ピアノ再開組仲間の方の中には中高生の時に「クラス合唱」の伴奏をした経験のある方も多いのではないでしょうか・・

続きを読む "合唱の伴奏"

| | コメント (4)

私のピアノ歴

実は、ピアノは小2~高2まで10年も習ってました。(・・・練習もせずダラダラと・・・)

幼稚園でヤマハオルガン教室(♪スズメがね、お窓でね)。卒園後も1年間継続。小2で近所のお姉さん先生の所でピアノをバイエルから開始。1年後に先生が転居(おそらくご結婚)。その後、バスで数駅のS先生の所に高2の4月まで通いました。最初はオルガンで練習。小5の頃にカワイのアプライトピアノを買ってもらいました。テキストはバイエル、ブルグミュラー、ソナチネアルバム、ソナタアルバム、ツェルニー30番と40番、カバレフスキー子供のための小曲集、ギロック叙情小曲集。バッハとハノンはやってません。お稽古事の一つとして楽しくやりましょうというタイプの優しい先生でした。

高2の時、引越でS先生宅が遠くなったので、駅前の大手音楽教室の個人レッスンへ。ここで初めて「やめたい」と思うようになり、1年後、受験勉強を理由にやめました。

<追記>その後、長い長い空白期間。ピアノは身近に置いてあるのでたまにポピュラーなど遊び弾きする程度。結婚した時に持って行ったのですが、蓋も開けなくなりました。ピアノ教本はほとんど紛失。手元に残っているのはギロック叙情小曲集のみ。夫の転勤で引越した時にはピアノは夫実家に置いていきました。

今年、いろんなきっかけが重なり、20数年ぶりに再開。半年ほど自己流で弾いていたのですが、限界を感じて個人レッスンに。とても良い先生(音大の講師もしてらっしゃるらしいです)で、毎回新鮮な刺激を受けて、面白くて仕方がない毎日です。</追記 2007.11>

--------------------------------------------------------------------------

「10年も習っていたなら相当な腕前でしょう」って言われますが、とんでもない。へたへた。レッスンの順番を待っている間に読む漫画が楽しみだったのと、S先生が優しいのでやめるきっかけがなかっただけ。

力も入らないし指も回らない。何歳になっても弱々しくのろのろとピアノを弾いてました。発表会の時、プログラムは大抵、年齢順になるのですが、気付けば私は最年長。生徒のトリを務める年齢です、が、トリにふさわしい曲はとても弾けない(汗)。私より小さい子の方がずっと上手。先生も選曲に苦労されたのではないでしょうか。

発表会で何を弾いたのかもほとんど覚えてません。小さい頃、「人形の夢と目覚め(オースチン)」や「金婚式」を弾いたのは覚えてますが、中学生以降の記憶がない。楽譜もテキストも当時のプログラムも残ってないので知るよしもない(大人になってから再開するとは思ってなかったから大事にしておらず、気付いたらほぼ全部なくしていました。ソナタアルバムも1だけだったか、2も持っていたか??)。クラブ等で忙しくて発表会はパスしてたのかも。。。

---------------
ピアノ再開後、ネットで曲を検索するうち弾いたことのある曲に時々遭遇するので、思い出す度に列挙しときます。人の記憶って面白いもんですねー。完全に忘却したと思っていたのに思い出すんですから。。。。。習っている間、発表会と新年会の年2回弾く機会がありました。全音ピアノピースのレベルAかBから選ばれていたのかと思います。
ガボット(ゴセック)
アメリカンパトロール(ミーチャム)
アルプスの夕映え(オースチン)
ポルカ・マズルカ(ベール?)
・夜想曲(?)←表紙の記憶あり。有名な曲でないことは確か。レイバッハという人の曲の頭を試聴してみたのですが、記憶がイマイチ。
------------------

高2の時に通った先生は偶然、子供の頃に私と同じS先生に習っていたそうで(世間って狭い)、「へぇ~。」と親しみを感じるかと思ったら。「あの先生は駄目」ときっぱり。「私がもしS先生にずっとついていたら、今のようにピアノを職業にすることは出来なかった」とのこと。

(((((((((((((((((^^;;あのぅ~私、ピアノの道に進むつもりはないんですけど。と心でつぶやく一般女子高生の私。。。

新しい先生は、私の弾き方に(S先生のせいで)悪い癖がついているから直そうと燃えてくれている様でしたが、おっとりタイプの私には合わなかったみたい。8年間も習っていた先生を批判されて自分を否定された気もしました。レッスンの度に「またっ!何度言ったらわかるのっ」と怒られて、毎回泣きそう。1年我慢して高3になった時、受験を口実にやめました。習ってた10年間、自分がピアノを上手だと思ったことはありませんね~despair。同級生の中で一番下手で、下級生にも追い抜かれ・・・「能力」も「やる気」も「必要」もない私に毎月毎月月謝をつぎこんでくれた天国のお母さん、ありがとう、って所でしょうか。

でも、厳しかった最後の先生に言われた事は今も覚えています。はい。当時はど~してもできなかった親指付け根の関節、大人になったら出るようになったよ。?先生!(名前は忘れた…)。20数年間ピアノ弾いてないから、努力して出るようになったわけではなく、歳取って指が曲がっただけみたいけど。。

| | コメント (0)