« 鍵盤の軋み | トップページ | CDを焼いたけど・・・ »

スタンウェイ弾いてきました!

音楽ホールを借りてスタンウェイ(D-274 フルコンサートモデル)弾いてきました!!!!

Stainway

すっごく良かったですheart01
鍵盤は重すぎず軽すぎず。音の強弱が自由自在。ノクターン9-2の最後のトゥリルが、過去最高に細かく入りました。
下手だから上等なピアノで弾くなんて恐れ多いなんて考えはひっくり返りました。下手でもこそ、良い場所で良いピアノで弾くと上手く聞こえる!!家のピアノでできなかった繊細な表現(強弱)があっさり出来る。自分の出したい音が出る感じ。高音部のピアニシモが気持ちイイ~

気持ちよくてミスが気にならず(ぉいぉぃ)、いろんな曲をどんどん弾きました。ほとんど一発録り。ミスは多いですがご容赦を。

ショパン・ワルツ 7番 Op.64-2 4m34s

ベートーベン・悲愴3 6m17s

ドビュッシー
・グラドゥスアドパルナッスム博士 3m7s

ショパン・子犬のワルツ 2m34s

ショパン・ノクターンOp.9-2 5m18s

ショパン・幻想即興曲 7m54s←音が汚いsweat02・・・

友人達と行って、最初は一人45分ずつ練習タイム。余った45分間を使って交替で弾きっこ。みなさんお上手!!思う存分弾けて聴けて、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

今、ボイストレックで録音したwmaファイルから演奏前後の話し声等をカットして(今までWindowsムービーメーカー使ってましたが途中でファイル形式の変換が入るみたいで時間かかるし音質劣化が心配なので、AsfToolsという編集ツールを使いました。wmaのまま編集している様で、カットだけなら音質劣化なしに短時間でできるようです。ただし、ムービーメーカーと違って1秒単位でしか切れません)、WindowsMediaPlayerで音楽CDに焼いています。すごいっすよー。目玉は大曲、ショパンのポ□ネ-ズ5番。参加者の方に贈る予定。

しかし、、ワルツ嬰ハ単調、Nepianの現在唯一のレパートリーとしてさんざん練習してるのに、悲しいかなミスがなくならないデス。あと、大きな音を出そうとして鍵盤を叩きつける癖をよく注意されるんですが、このピアノだと、叩きつけると汚い音が出る(豊かな響きが壊される?)ことが実感できました。そして、自分がいかに「叩きつけ」を多発しているか・・・・sweat01

先生もレンタルしてこのホールでレッスン受けたい~

|

« 鍵盤の軋み | トップページ | CDを焼いたけど・・・ »

録音」カテゴリの記事

コメント

スタンウェイの会の記事、お待ち申し上げておりました!早速拝聴致しましたよ~!
素敵です!の一言です!もう、完全に惚れました!heart02(あ~、その場で生で聴きたかったです~~~!)
どの曲も素晴らしかったですが、特にショパンのワルツ#7は引き込まれました。私もこの曲はかつて弾いたことがありますが、こんな情感を込めて弾けてたかなぁ、なんて思い出してしまいました。ショパン、やっぱりいいですよね。私もまた弾きたくなりました。
(ノクターンのトリルもおお~~~っ!って感じでしたよ)
スタンウェイの響きはやっぱり、さすがという気がします。微妙なタッチをそのまま音にしてくれる繊細さが録音を通しても伝わってきます。
素晴しい演奏をありがとうございました!
(ホールも室内楽風のアットホームな雰囲気で素敵ですね!)

投稿: ぽりぃ | 2008年6月 7日 (土) 13時46分

コメントありがとうございます!
ホント、初めての体験に興奮して帰って来ました。

ワルツ7番は、単純に弾くと元気一杯のワルツになっちゃって、雰囲気が出ないんですよね。何ヶ月も格闘してやっと、「こういう風に弾きたい」という具体的なイメージが出来ました。
・・・・・でも、「ここはテンポを揺らして」「ここは消え入るようにそっと」とか、必死に考えながら弾くので、弾いていて疲れます。あぁ、修行が足りない。。
ノクターンの最後のトゥリル、弾いてる自分が「はえー!ありえねー!」ってびっくり(笑)家だと音が抜けないよう注意して速さをコントロールする必要があるのに、指の動きに忠実に鍵盤がついてくるんです。何も考えないで指だけ動かせばいいんですよーーー。楽チン。
今回、参加者の方に悲愴3が「合ってるね!」と褒められました(^^。悲愴3は「曲想の前に技術!」と、ごちゃごちゃ考えずに思いのままに弾いてるのでその開放感がsun現れるのかも。

音楽ホールでの練習会、いいですよ~。お勧めです。定期的に行きたいです。ピアノ仲間の演奏を聴くのも刺激になります。

投稿: Nepian | 2008年6月 7日 (土) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鍵盤の軋み | トップページ | CDを焼いたけど・・・ »