最近のピアノとこれからのピアノ

ぽりぃさん、yukikokさん、kanaさん、励ましのメッセージありがとうございます!

なんだか、優しい気持ちになりました~~~
スノウホワイトさん、メール送っときました
昨年1年間、「昼間は暇だから平気平気」とは言っていたものの、家事をしながら大学生と同じ時間外出する生活は若くない身体には辛くて、日中、図書館で座って居眠りや車のシートの上で仮眠では疲れは取れず、ストレスが溜まってたみたいです。
今年の前期は
#以下、長文です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

ご無沙汰しておりました。

ご心配のコメントを頂き、こんな私を気遣ってくださる方がいることを知りウルウルしております。 最近の状況を軽く書いてみます。 4月から車椅子の長男が無事に大学に進学しました(ぱちぱち)
それに伴い、私も介助のために一緒に大学に通っています。
授業中は、付添いの名目で教室の後ろで聞いてるのもあれば、居眠りしてたりも(汗)ありますが、買い物に出かけたり図書館に行ったり自由に過ごしてることが多いです。
週に4日は一講目からある上、帰りが遅い日もあるので朝のうちに夕食まで作ったり、学食は混むので時間節約のために弁当持参(学食のメニューが少なくて飽きたってのもある)。
おかげで、学校に行っている日中は暇なのに、朝と夜は家事でバタバタ。
ただ、この生活は1年間の辛抱です。来年からは通うキャンパスが変わって、自宅に近くなるので楽になる予定です。

今までの様にピアノのレッスンには通えなくなりました。

レッスンに行かないと、ピアノへの意欲もダウン。
でも何故か週末などに暇が出来ると、バッハのインベンションばかり弾いています。二声の1~15+三声1番。
それから、ブラームスの間奏曲118-2を一人で譜読み。
近々、スタンウェイを弾きに行くことになったので、あわててショパンの別れの曲を弾いてみたのですが、ハノンとツエルニーさぼってたので指がヨワヨワ&開かない状態で困ったぞと。
持ち時間1時間ぐらいもらえるんですが、インベンションばっかり弾くかも(^^;;;;
P.S. 震災のご心配まで頂きありがとうございます。運よく私の親族はみんな無事でした。 自宅が被災し仮設住宅住まいのいとこ家族と夏休みに会いました。お葬式に何回出たかわからない位だとのこと。大人は元気に頑張ってる様でしたが(まだ夢を見ている様だとも言ってましたが・・・)、子供たちの気持ちが不安定な様子で心配でした。 海沿いも行ってみました。子供の頃や学生時代に時を過ごした懐かしい風景が一変してました。

| | コメント (4)

別れの曲

久しぶりに録音してみました。譜読み開始から1ヶ月余り。今回の譜読みは第一印象に反して何故か楽でした。

エチュードOp.10-3の注意点は
・和音はきっちり揃える
・主旋律で歌う
・内声部の音量を抑える

ですが、、、、、、和音はばらつくは、内声の音量を抑えるのは至極の技だし、主旋律の強調に神経を集中すると歌う余裕なし。難しいです。(;д;) 跳躍したり、音をつかむのが難しい部分ではつっかえてしまう、という、基本的なミスタッチ問題もあり。

とりあえず、譜読みしてペダル踏みましたってことで。それから、盛り上がる箇所のボリュームは抑え気味。不協和音を全力で弾いたら迷惑なので

でもでも、子供の頃にあこがれていた曲の音をとれるようになっただけでも感動的であります。

※ノイズが気になるのでイコライザーで消してみました。

おまけのおまけのバッハのシンフォニア1番

「bach_sym1.mp3」をダウンロード

| | コメント (4)

レッスン #53

先週、レッスンに行ってきました。

スケールの嬰ト短調、なんと、まだ駄目だって(涙) くくく。。はい。次は自信持ってスピードアップして弾けるようにしますぅ。

その代わり(なのか?!)ツェルニー40-22はOK。弾けてなくても、この曲を時間かけて練習してもしょうがないって気がしますが(同音打鍵の練習で、これを応用できる曲を私は知りません)。

シンフォニア1番は保持すべき音が途中で指が浮いてしまってる所がいくつかあったので注意。3声をそれぞれしっかり意識して弾くのもまだ出来てません。主メロディが精一杯。まだまだです。

ショパンのエチュード10-3に関して、今回の指摘は

» 続きを読む

| | コメント (0)

エチュード Op.10-3

先週、レッスンに行ってきました。

「別れの曲」の譜読みを頑張っていたので、他の練習がおろそかになり

ツェルニー40-22は上がれず、ハノンのスケールに至っては昨年10月からずっと同じ嬰ト短調をやってるのに、まだ駄目です。くぅ。

ベトソナ13番の第一楽章はとりあえず終わりになりました(まだまだミスが多いのですが、新しい曲をやりたいので)

で、エチュード「別れの曲」です。譜読みは自分でも不思議なほどすんなり進み、ゆっくりなら最後まで止まらずに弾けるようになりました。でも、譜読みミスがたくさんあったので、初回レッスンではその修正。一番の指摘事項は「和音がばらつく」こと。ふにゃふにゃの指では和音がきれいにはまりません。とにかく指を鍛えるべし!でしょうか。

この曲、穏やか+情熱的+穏やかのサンドイッチ形式(?!)なんですが、中間部で頑張って弾くと、最後にまたゆっくりが出てきた時に気持ちの切り替えが出来ません。中間部の頑張りで心拍数が上がってるのに、ゆったり穏やかに歌うなんてムリー。中間部でも落ち着いて弾けるようにならないと駄目なんでしょうね。

しかも、中間部の激しいこと激しいこと。2ページ目の最後は3小節連続でクレシェンドが並びます。「どんだけー?!」。

しなやかで強靭な指が必要です。手の小さな私は指を開いて音を出すだけで精一杯。でも、ピアノ再開直後に比べれば指が開くようになったので、もう少し鍛えればフォルテで弾けるようになると信じています。

「別れの曲」。出だしの美しいメロディに騙されていたかも

» 続きを読む

| | コメント (2)

A happy new year

先週、ピアノレッスンに行ってきました。正月休みにピアノから半月以上離れていたのでレッスン前日にあわてて練習したのですが、指が硬くなってるので思うように動かず、動かすためには余分な力が必要で、腕がすぐに痛くなったり。前回レッスン時程度に戻すのが精一杯でした。

先生の前で弾いたところ、左手の45の指の動きが悪いとのこと。そのせいで、どの曲も弾きにくくなってたみたい。意識したら弾きやすくなりました。

ベトソナ13番も速くなる箇所が家では何回弾いてもうまくならず、運が良ければつっかからずに弾ける状態だったのが(速い右手ではなく伴奏の)「左手の音を良く聴いて」というアドバイスを受けたら画期的に弾けるように。

レッスンを受けるって私には魔法みたいです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

レッスン #50

レッスン記録が抜けたので回数がよくわからなくなってしまいました(^^;

ベトソナのレッスン3回受けた気がするので多分#50。今回はシンフォニアの初レッスン!!3声です。「中声と下声を弾きながら上声を歌いましょう♪」なんて言われたらどうしよう(高音過ぎて声が出ませんよー。途中でオクターブ上げたり下げたりで歌うってあり?)と心配していましたが、先生もそこまで無茶はおっしゃいませんでした。ほっ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

またパソコンが壊れてました・・・・

9月にパソコンが壊れて新たにサブノートを購入し、壊れたパソコンの方も家人が直して復活したと書いたのですが、復活したかに見えたPCは起動後10分で毎回ダウンするので使い物にならず。

さらに、順調に使っていたサブノートが逝ってしまい、保証期間内なので無料で修理して頂き(電話一本ですぐ手続きしてくれて、宅配屋さんが専用ダンボール持って取りに来ました)、復活したものの、HD交換したので環境設定やり直しでうんざり。。

» 続きを読む

| | コメント (0)

愛の夢3

目出度くレッスン打ち切りとなりました愛の夢3の録音です。

ミスもあちこちにあるし、指ももつれているし、うちのオンボロCE7の音でナマで聴くには堪えませんので、音を綺麗に見せかけるためにWin7についていたサウンド効果「石室(の中で聴いた感じ)」をかけてみました。

 

そして、ついでに、不合格中のツェルニーとインベンション。レッスンから帰宅して録音。こんなにゆっくり弾いても先生の前だとミスしまくり。次までにミスを減らし、スピードアップして臨みます!速く弾いてしまえば指使いの楽譜との違いが見逃してもらえるかも。。。<こらこら

「czerny40_20.mp3」をダウンロードツェルニー40-20

「bach_inv12_mono_2.mp3」をダウンロードインベンション12ばん

長いトゥリルの時など強弱の不釣り合いが目立ちますが、これ、うちのピアノのせいなんです!思い切って、「調整」っていうの?したら改善されるのかなぁ?あぁ、状態の良い、弾きやすいグランドピアノが欲すぃ~

| | コメント (0)

レッスン #47

寒いですね。寒いです。朝は9℃。ガスストーブ稼働です。近所で熊が出たって噂です。黒づくめの服で山の中をうろつくと大騒ぎになるかも?!

前回、ハノン、ツェルニー、インベンションのトリプル合格(3ヶ月もレッスン休んでずっと同じ所を練習してたからねー)を受け、2週間で新曲を仕上げるべく(いちおう、合格を目指して)頑張って練習してました。

以前読んだピアニストの自伝(名前を忘れた!失礼!)で、幼少時にエチュード系の教本をやっていなかった彼女が学校に上がってクラスメイトに追いつくために、レッスンでツェルニーを毎回5曲持っていった話をよく思い出します。私も以前は頑張って2曲ずつ見ていただいていたのですが、今は1曲でいっぱいいっぱい。気持ちの問題が大きいですよね。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«ツェルニー40-20